鼠径ヘルニアの手術しました。

ご存知の方も多いと思いますが、先週の火曜日、鼠径ヘルニアの手術をしました。簡単に説明すると

睾丸に腸がはみ出してしまう!

というインパクト大ですが、よくよく考えると笑えてくる何とも言えない病気です。

痛くもかゆくもないので、1年以上ほっておいたのですが、睾丸の大きさが左右で違うというのは、男として何とも言えない情けなさと違和感を感じ、重い腰を上げていざ診察へ!

治すなら手術、もしくは何もせず現状維持かの2択を先生に迫られ、手術をお願いしました。

2週間後の3月31日。運命の手術当日を迎えます。心の友宮本貴史さんに送迎をお願いし、いざ病院へ。

名前を呼ばれベッドに寝かされていると、陰毛を剃るということで、年配の看護婦さんが入ってきました。 不慣れな手つきで剃り出しましたが、カミソリが切れない、クリームがダメ、どこまで剃ればいいのか分からないと、入れ替わり3人の看護婦さんに陰毛をハンガリーにされました。

なぜ分かっている看護婦さんが1人で剃ってくれないんだ!?

と心で叫びましたが、我は身を預ける身。目をつむり、されるがままです。

日帰り手術でしたが、腹を切るということで、少々ナーバスになっておりましたが、強烈な麻酔により一瞬で眠らされ、起きた時には全て終わってました。

帰宅後は、麻酔からの副作用で頭痛と吐き気が抜けず、3日ほど寝たきりでしたが、現在は何とか動けるようになってきてます! 多くの方からご心配、差し入れをいただき、本当にありがとうございます。みんなの優しさが元気の源ですね!

何もできない自分に嫌気が刺して、気分も落ち込み気味でしたが、現在は回復の兆しが見えてきております。

これで万全の状態で夏を迎えることができそうです!

3件のコメント 追加

  1. なかの より:

    お大事になさって下さい。
    術後体調はいかがですか?

    私も5月に手術をします。

    いいね: 1人

    1. コメントありがとうございます。順調に回復して今はほとんど違和感なく過ごしてます!
      手術頑張ってください!

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中