リノベーション計画-ハズフォルニアベイコテージ-

古いものを綺麗にしたり、今の時代に合った形に作り変えると、まるで息を吹き返したかのように素敵に生まれ変わるものです。

温故知新。便利さ、簡易化を求めるだけでなく、古いものを長く使うことは、これからの社会でも価値があり評価されるものとなるでしょう。

現在、10月の正式オープンに向けて民泊ハズフォルニアベイコテージの改装を少しずつ進めています。

今日は、古い土壁の色ぬりをしました。

塗料が余分なところに塗られないようマスキングテープで養生します。これが結構大変。時間もかかります。

その後、ボロボロとこぼれてくる土壁を固める塗料を塗っていきます。

下地が塗り終えて乾いたら、次はペンキを四隅から塗っていきます。茶色の古い壁が綺麗なオフホワイトに変わっていきます。

まだ養生テープが貼られていますが、かなり綺麗になりました。古い家ならではの太い柱が存在感を出し、雰囲気の良い部屋が出来上がりました。

古いものを壊すのではなく、手を加えて綺麗にしていく事で、再生させる。昔の知恵を活かした暮らし作りが、今求められているのではないでしょうか。

良い宿ができそうです。お楽しみに!

ありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中